眼球

メガネとコンタクトレンズ、目にいいのは

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ  サイトマップ  リンク集  TOPバー

このサイトでは目についての知識、主に病気について記載しています。
自分が当てはまるという方、ご興味がおありの方はどうぞご自由にご覧になってください。

メニューバー
 
目が疲れやすいのはメガネ

人によって差はあると思いますが、眼精疲労はメガネのほうが強いと言われています。
これはレンズの外側は度がはいっていないためぼやけた映像が視界に入ることと、
目とのレンズとの距離があるためものの大きさが違って見えるためです。

近視の度数はものの大きさを小さくし、遠視の度は大きくします。
そしてこの見え方の変化は目とレンズとの距離が長いほど大きくなります。
コンタクトレンズはほぼ目とくっついているため見え方の変化はありません。

目が傷つきやすいのはコンタクトレンズ

特にハードコンタクトレンズは目に傷がつきやすくなっています。
これは目とレンズの間にゴミがはいったとき硬いレンズだとより眼球を圧迫するためです。

ただし細菌などの病気にはソフトレンズのほうがなりやすくなっています。
それはハードレンズがレンズ自体に水分を含まないのに対してソフトレンズは水分を吸収して
細菌がすみやすい環境になっているからです。

アメーバのような細菌が繁殖したソフトレンズを付け続けていると最悪失明まで至ることもあります。
そのため現在ソフトレンズはほとんどが使い捨てになっています。
ワンデータイプは割高になりますが、こういった問題はかなり低くなります。

一番いいのは併用

コンタクトレンズはメガネよりも視力が出やすいし見た目が変わらないため昼間の活動期に装用して
家に帰った時などあまり動かないようになればなるべくメガネをするようにするなどその人の生活習慣に
よって併用すればいいとされています。

一番よくないのはメガネをもたずにコンタクトレンズを一日中しつづけることです。
特にハードコンタクトは眼球表面の神経をすりへらし痛みを感じにくくしてしまうので何か障害になったと
しても気づかずに重症化しやすいと言われています。

また10年以上ハードコンタクトの長時間装用を続けた人に眼瞼下垂が多いという報告もあります。
メガネは必ず用意しておくようにしましょう。

治療方法

基本的に薬による治療から始めますが、それと同時に行う視野検査にて異常の進行が確認できる場合は
手術による硝子体排出部の拡張など行うこともあります。
緑内障を30を過ぎてから多い病気とされていますので、最低でも年1回誰でも検査をおすすめします。
というのも網膜の障害による視野異常は進行をくいとめることができても、一度見えなくなった部位は
二度と治らないからです。

暗点が出来たら気づくだろうと思われるかもしれませんが、普段私達は両目でものを見ているため、
片目の視野に異常があってもまず気づきません。非常に危険な病気なんです。

目の障害や病気知識TOP 遠視の話
夜盲症とは 子供の近視
弱視
アントシアニン