眼球

飛蚊症、網膜剥離とは、症状や原因、治療方法

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 
飛蚊症とは

視野の中に蚊のようなものが飛んでいるように見える現象です。
実際に飛んでいるわけではないですが、突然自覚することがあるので驚いて虫を掴もうと手を
伸ばしてしまうこともあるくらいです。

程度は病気の有無、進行によってかなり差があります。
また、飛蚊症があるからと言って必ず病気であるとは限りません。

網膜剥離とは

眼の周りには網膜という、その名の通り薄い膜があるのですが、目付近の強い外傷などにより、
網膜が衝撃を受け破れてしまった状態を網膜剥離といいます。

網膜が破けた部分は暗転といって視力がない視野欠損部位となってしまいます。

原因はなにか

網膜の異常であることがほとんどです。そのため突然の飛蚊症は網膜剥離が疑われます。
ただし網膜剥離でなくても起こる場合があります。
剥離までいかなくても、老化による網膜の変化でもなるためです。

歳をとると飛蚊症になる人が増えますが、強度の近視では若いうちから起こる人もいます。
これは強度近視の人が他の人より眼軸が長い(目が長い)ため、網膜が薄くなって剥がれやすいためで、
その場合、多くは眼科で検査をしても問題ないと言われますが、突然目に映る虫のようなものが
増えた場合は網膜剥離になっている可能性があるので早急に病院へ行きましょう。
一度剥がれてしまった部位の暗転は元には戻らないので早いほうがいいわけです。

また両親がそういった病気になった、または手術をした経験などあれば、遺伝によって自分もなりやすい
と考えていいので、定期的な検査を受けに行くことをおすすめします。

他にも目付近の打撲によって網膜剥離になる場合があります。
例えば格闘技選手などはなる可能性が高い職業だと言えます。

網膜剥離になった場合の治療法

風船などでもそうですが、網膜は少しでも穴があるとそこを起点に穴が広がりやすくなっています。
そのため放っておくとどんどん剥離がひどくなり、暗点(視野の見えない部分)が広がってしまいます。

それを防ぐためにレーザー手術で剥離部分を固定します。多くはこれで進行を防げますが、再発の恐れはあるため
定期的な検診が必要です。
手術には、「硝子体手術」や「強膜バックリング法」などがあり、網膜剥離の症状に応じて
どの手法が行われるかは変わってきます。
手術後は目を動かしても、手術の結果に大きな影響はありませんが、眼内の状態が
落ちつくまでに1~3カ月必要です。
それまで目付近をぶつけることは極力避けるとともに、激しい運動も禁止される場合があります。

ちなみに一度暗点になった部分は見えなくなりますが、一番視力のいい視野の中心部から見えなくなることは
末期にならないとほとんどないため、早期発見による手術を行えば視力は良好なことがほとんどです。

視力低下の原因 弱視について
近視の目とは はやり目(流行性角結膜炎)
緑内障 アントシアニン
白内障 兎眼