眼球

遠視になる原因とは

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 
原因

遠視になる原因は「眼軸長(眼の長さ)が短い」「角膜、水晶体、硝子体の合計屈折率が弱い」
このいずれか、または組合せの場合があります。 下記でそれぞれを解説します。

眼軸長が短い

眼軸長は目の長さのことですが、「角膜、水晶体、硝子体」3つの屈折力がまったく同じの二人の人が
いるとします。

その場合一人は近視でも遠視でもない正常な目だとして、もう一人が正常な目の人より眼軸長が短ければ
その人は遠視ということになります。
目が短い焦点距離が網膜より後ろにいきますからね

角膜、水晶体、硝子体の合計屈折率が弱い

光は上記の要素によって屈折しますが、これらの屈折率は先天的に人によって違いが出ます。

合計屈折率が弱ければ、眼軸長が標準的でも焦点位置は網膜の後ろにいくため遠視になってしまいます。

近視との違い 治療
メガネ 子供の遠視
老眼との関係 原因
視力低下 遠視についてTOP