眼球

遠視のメガネ

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ  サイトマップ  リンク集  TOPバー

このサイトでは目についての知識、主に病気について記載しています。
自分が当てはまるという方、ご興味がおありの方はどうぞご自由にご覧になってください。

メニューバー
 

スポンサード リンク

遠視でメガネをかける時

遠視は基本的に視力が下がらないことが多いためメガネをかけていない人も多いと思います。
しかし遠視でもメガネが適応されるケースはあります。
例えば「眼精疲労」「老眼」「近見時に視力低下、または斜視が現れる」「幼児期の遠視」などです。

メガネ適応の症状達

なぜこれらが遠視によって起こり、メガネ適応になるかというと遠視は目の長さが短い、もしくは屈折度数が
弱いため、焦点位置が「網膜の後方」に位置しています。近視は「網膜の前」です。
屈折異常のない目では焦点位置は網膜の位置にあり、この状態で初めてものはきれいに見えるのです。
いわば遠視や近視はカメラでいうピントがずれたピンボケ状態なのです。
ただし人の目は調節力というのをもっていて目のなかのレンズを筋肉で調整して屈折度数を変え、
焦点距離を前に移動させる事が出来ます。後ろに移動する筋肉もありますが、意識的に動かすことはほぼ出来ません。
だから調節力のある目では焦点位置が「網膜の後方」に位置する遠視を正常なピント位置まで移動させることが出来るのです。
しかし老眼や幼児期は調節力がほとんどありません。そのため遠視でもピンボケ状態になってしまうのです。
はては近見視力の低下、幼児期の正常な目の発達を阻害する要因になってしまうわけです。
ただし「眼精疲労」は調節力のある目にこそ発生します。
焦点位置が「網膜の後方」に位置する遠視は近くを見る時余分に調節する必要があるため目の筋肉が疲れやすいのです。

遠視で斜視が起こる

度数の強い遠視はしばしば内斜視を引き起こします。これは「近見反応」という目の現象とかかわりがあります。
「近見反応」とは「寄り目、縮瞳、調節」の3つでこれらはすべて繋がった関係をもっておりどれか一つの
反応を起こすと残り二つも勝手に反応してしまうというものです。
具体的には近くを見て目の調節を行うと「寄り目」「縮瞳」が起こるし、明るい光を見て「縮瞳」が起こると
「調節」「寄り目」も起きてしまいます。
前項で説明した通り、遠視の目は正常な目よりも多くの調節を必要とします。そのため「近見反応」が過剰になり
目が寄り易くなり「内斜視」を引き起こします。
ただし遠視の人すべてが内斜視になるわけではありません。なぜなら「近見反応」の度合いは人それぞれ違うため
調節をしてもあまり目のよらない人がいるためです。
それと「近見反応」の関係で近視の目が近くを見た時に外斜視を起こすことがありますが、遠視の内斜視と比べると
まれです。なぜなら人は目を寄せるのは意識的に行うのが簡単だからです。よく何も見ずに目を寄せられる人がいますよね。
ただ逆に両目を外にはずせる人はそうそういないはずです。

像の大きさ

近視のメガネをかけると見えるものが小さくなるというのを知っている人は多いと思いますが、
遠視のメガネは逆に大きくなります。
そのため、周りの人から見た自分の目も大きく見えることになるんでちょっとルックスがよくなるかもしれませんね。

近視との違い 治療
メガネ 子供の遠視
老眼との関係 原因
視力低下 遠視についてTOP