眼球

子供の遠視検査と弱視になる危険性

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 
子供の遠視を判断する検査

幼児期の子供は調節力がないため、遠視があると物が良く見えません。
その状態では目の発達が遅れ、弱視になってしまうおそれがあります。
しかし幼児期に子供の反応や発言から目が見えにくいというのを察するのは困難なので
多くは「3歳時検診」まで気づかないでしょう。

この時初めて視力が良く出ない、とわかることもありますが、3歳では子供が病院を怖がって視力検査が
まともに出来ないことも少なくなく、正確な視力を測ることは難しくなっています。
しかし機械で行う屈折検査では子供が機械を覗き込んでくれさえすればおおよその屈折以上がわかります。
よく画面を除くとバルーンが見えてそれがぼやけたりはっきり見えたりするあの検査です。
その時の結果が両目の強度遠視、もしくは左右差のある遠視なら弱視治療の対象となることがあります。

これだけで遠視性弱視になると断言できるわけではありませんが、弱視は8歳までに適切な治療が
行われないと一生視力が上がらない場合も少なくないため、子供のためにも必ず医師や検査員の指示通り
にする必要があります。

遠視性弱視はそこまで心配しなくていい?

子供は目の長さが短いため遠視が多く、弱視になる子供は少なくありません。
しかし現在は「3歳時検診」以降の適切な治療が行われるため大人になっても弱視のまま
という人はほとんどいなくなったといわれます。

仮に「3歳時検診」でひっかからなかったとしても小学校では視力低下が見られるとすぐさま
眼科へ行くように指示されるため弱視治療限界の8歳までにはほぼ見つかります。

もし8歳を超えるまで放置されてしまうとそれ以降に治療をするのは非常に困難なため、
気をつけてあげてください。

近視との違い 治療
メガネ 子供の遠視
老眼との関係 原因
視力低下 遠視についてTOP