眼球

遠視と近視の違いについて

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ  サイトマップ  リンク集  TOPバー

このサイトでは目についての知識、主に病気について記載しています。
自分が当てはまるという方、ご興味がおありの方はどうぞご自由にご覧になってください。

メニューバー
 
何が違うか

簡単に言うと近視は近くが良く見えて、遠視は遠くが良く見える目の事です。
これは調節をまったく行わない状態でピントがどこに合うかの違いです。

調節とは屈折異常がない人が近くを見る時に目の筋肉を収縮させてピントを無理やり近くにあわせる事です。
遠くにあわせる筋肉もあるのですが、その範囲は近くと比べてかなり微量です。
そのため、近視は遠くは見えませんが、遠視は調節を行う事で遠くも近くも見えるのです。

ただし年齢を重ねると調節力というのは落ちていきます。そうなった場合近視は
もともと近くにピントがあっているためあまり影響を感じませんが、遠視はどこにも
ピントが合わないためどこを見てもぼやけるという症状になります。

メガネがいらないことがほとんど

先ほどの説明の通り遠視は調節によってピントを合わせることが出来るため、メガネをかけないことがほとんどです。
じゃあ若い内は遠視の人も屈折異常のない人も同じかというとそうとも言い切れません。

まず調節力は40歳頃から衰え、これを老眼と呼びますが、調節力は乳幼児期も低いため遠視があるとピントがあわせられません
これは弱視をまねく恐れがあります。ただし調節力はすぐに成長しますので弱視が問題になる場合の多くは強度の遠視の時です。

そのため遠視でも乳幼児期の強度遠視、もしくは40を超えた老眼時期にはメガネが必要となってきます。

遠視と眼精疲労

視力的に問題がなくても遠視の弊害があります。それは眼精疲労を起こしやすいという事です。
遠くを見る場合はよくても近くを見て本を読む、勉強をする、といった事を長時間行う場合近視、もしくは屈折異常のない人より
強い調節力を必要とするため疲れやすくなるのです。

集中して勉強を出来ない子供に遠視用メガネをかけると集中が出来るようになったという報告もあります。
集中力のない子供は一度遠視を疑ってみてください。

眼科にいけば屈折力検査の機械があり、遠視か近視かは視力検査とあわせてすぐにわかるようになっています。

 

近視との違い 治療
メガネ 子供の遠視
老眼との関係 原因
視力低下 遠視についてTOP