眼球

遠視による視力低下

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 
調節力と視力低下

特に異常のない8~40歳までの人の目は10D以上という高い目の調節力をもっています。
この10Dの調節力をもっているというのは、遠視がもし10Dあったとしても調節によってピントを合わせられるという事です。

自分の目がもし遠視だったとした場合、いくらのDがあるかは視力検査をしてもらったときに検査員に尋ねると
教えてくれます。

さてこの10D以上という度数ですが、実際問題として8~40歳までで10D以上の遠視なんていう人は滅多にいません。
だから遠視で視力低下が起きるとしたら、多くは8~40歳以外の年齢がほとんどでしょう。

ただ30cmの距離ではさらに3Dの調節が必要になるので、遠視の人は近見視力が落ちやすいのです。

また、見えにくいとまではいかなくても、遠視で近くを見るとき疲れやすいという人はメガネを処方してもらう
ことで眼精疲労が改善される場合があります。

8歳未満

8歳未満はまだ目の調節する筋肉が未熟なため、強度の遠視では視力が低下してしまいます。

そのため弱視予防にメガネが適応されることもあります。
見えづらい状態で子供時代を過ごすと目の機能が成長しないためです。

40歳以降

40歳以降は筋力の低下が起きていなくても水晶体という調節にかかわるレンズが硬化を始めるため
徐々に調節力が落ちてしまいます。
これが老眼の症状ですが、遠視の人は40歳の初期でも近くを見るときに視力低下を訴えることがあります。
近くを見るときは遠くを見るときよりも調節力を必要とするのと、遠視の人は遠くを見るのにも
調節をしないといけないためです。

この場合は遠視用メガネ(老眼鏡)をすることでよく見えるようになりますので、目の見る力自体が落ちた
わけではありません。

近視との違い 治療
メガネ 子供
老眼との関係 原因
視力低下 遠視についてTOP