眼球

老眼と遠視

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ  サイトマップ  リンク集  TOPバー

このサイトでは目についての知識、主に病気について記載しています。
自分が当てはまるという方、ご興味がおありの方はどうぞご自由にご覧になってください。

メニューバー
 
遠視は老眼になりやすい?

遠視は老眼になりやすく、近視はなりにくいという話を聞いた事がある人も多いと思います。
しかし厳密にはこれは間違っていて、遠視でも近視でも老眼は平等になります。

そもそも老眼とは目の中にある調節機能を持つレンズが硬化して調節機能を失ってしまう、または
弱まってしまう現象で、近視や遠視とは関係がありません。
しかし近視は調節なしの状態でも近方にピントがあるため、遠くはあいかわらず見えませんが、
近くは調節関係なしに見えるのです。

一方遠視は遠くにも近くにもピントがあわない目ですが、調節をすることで近くも遠くも両方見える
ある意味正常眼と変わらない機能をもつのですが、調節力を失うと当然遠くも近くも見えないため
正常、近視より症状が出るのが早く、ひどく感じるのです。

遠視に老眼鏡は必須

前項で述べたように遠視の目が老眼になってしまうと近くどころか遠くもよく見えなくなる可能性が
あるため、ある意味老眼鏡は必須になってくると言えます。
さらに近視のメガネは目に映る像を小さくしてしまいますが、遠視、もしくは老眼鏡は眼に映る像を
大きくしてくれるため、度数にもよりますが、拡大鏡としての能力も備えます。

ちなみに最近では100円ショップなどで老眼鏡が売っているらしいですが、それを購入する場合遠視の人は
注意が必要だと思います。

近くを見るのに屈折異常のない眼と比べてより強い度数が必要となる遠視は一般的な「3D(近方30cmのピント)」の
老眼鏡では度数が足りない事もあるのです。「1D」の遠視がある人が「近方30cmのピント」を得ようとするなら
屈折異常のない眼と比べて「1D」強い度数を選択する必要があります。この場合でいうと「4D」の老眼鏡が必要になる
という事ですね。ご注意ください。

近視との違い 治療
メガネ 子供の遠視
老眼との関係 原因
視力低下 遠視についてTOP