眼球

遠視の治療方法とは

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 
治療は行うのか

遠視による弊害は「眼精疲労」「視力低下」「近見での視力低下」です。
そのためこれらの症状があれば治療を行います。

ただし乳幼児期の視力低下は弱視の原因となるため、本人が嫌がったとしても無理やりメガネを
かけさせる必要があります。

メガネを処方したのに実はかけていなかった、なんてことになると弱視になってしまい一生視力が
上がらない、という事になりかねないので注意をしてください。

また、「眼精疲労」「近見での視力低下」については本人の申し出が合った場合のみメガネ処方を行う
のが一般的ですが、学校に行く年齢の子供は長時間近くを見る事になるため、「眼精疲労」を訴える場合は
メガネをかけさせることを強く推奨します。

手術

近視と同じように遠視もレーザー手術によって治療することはできます。
近視がいわゆる凸レンズになるように黒目部分の周りをレーザーで薄くするのに対し、
遠視治療の手術では凹レンズに近づけるように黒目部分の中央部をレーザーにより薄くします。

自然に治る?

遠視の子供の多くは小学校を卒業するくらいまでに遠視が治る、もしくは近視に以降します。
これは眼軸長(目の長さ)と関係があります。

焦点距離の関係で目が長いほど近視になる傾向にあり、逆に短いと遠視になりやすいのです。
そして、子供の多くは体、顔が小さいのと同じように大人よりも眼軸長が短くなっています。
しかし、成長するにつれ体が大きくなり、目も長くなります。

そして遠視は段々弱くなり、近視は段々強くなっていくのです。

近視との違い 視力低下
メガネ 子供の遠視
老眼との関係 原因
遠視のページTOP