眼球

眼瞼下垂の症状、原因、治療

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 
症状と診断

眼瞼下垂とは目の開きがなんらかの原因で悪くなっている状態です。

診断としては普通に目を見開いている状態で黒目が上まぶたで半分以上隠れているかどうかを見ます。
この基準を超えて診断された場合には、外科手術を行う場合保険適用が受けられます。

ただ、美容整形外科で手術を行う場合は美容目的であるとされ、保険適用を受けられない
場合があるので、事前によく相談をしておきましょう。

また、目の開きとは関係なく睫毛が目に当たっているような瞼の場合は「逆睫毛」の
治療として保険適用で二重瞼手術を受けられる場合もあります。

通常、保険適用外の美容整形では二重瞼や眼瞼下垂手術をする場合、内容によって片目5万から15万円程度の
費用がかかりますが、保険適用なら数千円から数万円程度でやってもらえます。

なぜ眼瞼下垂になるのか

瞼を上げるときに使う筋肉は上眼瞼挙筋といいます。
この筋肉が年齢とともに衰えてきたり、動眼神経という上眼瞼挙筋を動かすための神経が麻痺することが
主な原因となっています。

またそれ以外にも打撲による瞼のはれやコンタクトレンズの長期装用によっても起こりえます。

コンタクトレンズは主にハードで取り外しの際、瞼を毎日のように強くひっぱることで
将来、眼瞼下垂になる危険があるると言われています。
毎日のようにひっぱることで筋肉が緩んでしまうためです。

対策はひっぱって取り外す方法をやめ、眼科でもらえるスポイドで取るようにするか、瞼ではさんで
はずす方法があります。

打撲などの外傷による眼瞼下垂は神経を傷つけるほどの大怪我でない限り腫れが引けば瞼の開きも
元に戻りますが、コンタクトレンズの長期装用による眼瞼下垂はコンタクトレンズをやめても
元には戻りませんので、治療となれば手術による方法となります。

眼瞼下垂の治療はどうするか

年齢などによる瞼のたるみが原因なら皮を切って短くする方法があります。
ただし今度は目が閉じにくくなる可能性もあるのである程度にとどめられると思います。
たるみが残ってしまった場合には再手術ができますが、皮を切りすぎて目が閉じれなくなった場合には
再手術が難しくなってしまうため、切り過ぎないように注意する必要があります。

筋肉が弱まっている場合は眉毛のあたりから瞼を糸で引き上げるようにし、目が開くようにすることもあります。
ちなみに美容整形でも目を大きくする手術は行われますが、通常眼科で診断してもらい、手術をした場合は保険適用に
なるためかなり安くすみます。

だいたいですが、眼瞼下垂は美容外科でやってもらうと30万以上かかりますが、保険適用なら10万円未満で
やってもらえます。

ただ目的が見た目の改善、ではなく瞼がかぶさることにより、見えにくくなるのを改善する、ということに
なるので、その目的が達成されていれば形が気にいらないからやり直してほしい、というようなことを
聞いてもらえない場合があります。

閉眼障害とは

眼瞼下垂とは逆に目がしっかり閉じられなくなる障害です。
こちらは目が乾いて、まばたときのときに傷がつきやすくなるので手術などの早急な治療が必要になってきます。

原因は顔面神経麻痺などで瞼を閉じるための筋肉である眼輪筋が弱まっていることが考えられます。
二重瞼手術の失敗などでも閉眼障害になることがありますが、再手術で元に戻すことが難しい場合もあるため、
手術をするクリニックは慎重に選ぶ必要があります。

目が悪くなる原因 近視の目について 斜視という目
子供は遠視になりやすい 白内障 遠くを見る
ブルーベリー 兎眼 レーシック