眼球

近視になる原因とは

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 
概要

人がものを見た時その映像は角膜、水晶体、硝子体の3つで屈折を受けます。
その像が網膜上に焦点があう目を正常眼、網膜より手前に焦点が合うと近視、網膜より後ろだと遠視
となります。

ただ目には「調節」という能力があり、この焦点位置はある程度調整できるのですが、近視や遠視
の判断は「調節を行っていない」状態の焦点位置で判断します。

原因の1:眼軸長が長い

眼軸長は目の長さのことですが、「角膜、水晶体、硝子体」3つの屈折力がまったく同じの二人の人が
いるとします。

その場合、一人は近視でも遠視でもない正常な目だとして、もう一人が正常な目の人より眼軸長が長ければ
その人は近視ということになります。
目が長い分、焦点距離が網膜より前に来ますからね

日本人はこのタイプが多いと言われています。
眼軸長が長くなる原因はほとんどが遺伝ですので、近視も遺伝する、というわけです。

原因の2:屈折力が強すぎる

角膜、水晶体、硝子体のどれかの屈折力が強すぎる場合も焦点距離が手前に来てしまうので
近視になります。

ちなみにこの屈折性の近視は一般的に少なく、ほとんどは眼軸長が長いタイプの近視だということです。

また調節のしすぎ、つまり物を見るとき、目を近づけすぎる人は水晶体の屈折力が高い状態が続くため、
屈折性の一時的な近視になりやすいようです。

強度近視 手術
近視の回復、治療法はある? 子供
老眼との関係 偽、仮性近視
メガネ 近視の目TOP