眼球

子供の近視が進行する原因

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 
子供の近視は誰でも進行する、その原因

小学校くらいの子供で近視が進行するといってゲームやテレビの見せすぎというのは多くは間違いです。
ゲームやテレビを見るのと近視が進むのは関係がなく多くは成長によって目が長くなるのが原因なのです。
目の長さは眼軸長といわれ、眼軸長が長いと近視になり、眼軸長が短いと遠視になるといわれます。
これは目のピントの位置が違ってくるためです。
そして眼軸長はひとそれぞれ違いがあります。

どちらにしろ成長期の子供を多かれ少なかれ眼軸長が伸びるので、遠視は弱まり、近視は強まります。
視力の落ちない子供がいるのは元々遠視なため、眼軸長が伸び、遠視が弱まっただけで近視にはならなかったと
考えられます。

近くを見すぎるのはよくないのか

本来近くを見るだけでは近視が進行する要因にはならないのですが、子供は筋肉の緊張が固定されやすいため
偽近視という状態になる可能性があります。
近くを見る時人はミューラー筋という副交感神経支配の筋肉を動かし目の中にある水晶体というレンズの厚み
を調整しピントを合わせます。

その後遠くを見ればミューラー筋は弛緩し元の調節状態に戻るのですが、子供の場合何時間も続けて近くを見ていると、
筋肉が近くを見た状態で固まってしまい遠くが見えにくくなってしまいます。

他に子供で近視になる原因は

動物実験では幼少期に片目を眼帯で隠したまま過ごした子供は目が長くなり近視になるという報告があります。
一方人間では赤ん坊の時明るすぎる部屋で過ごす時間の長かった子供も近視が進む傾向にあるといわれています。
これは「近見反応」といって「縮瞳、より目、調節」は互いに影響しあう性質をもっていて。
明るい部屋ではまぶしいので瞳孔が縮小し、それにつられ調節も行われるため近くをずっと見ている状態に目がなってしまい
それが近視の進行に影響を与えているのではないかと思われます。

強度 手術
回復、治療法はある? 子供
老眼との関係 原因
メガネ 偽、仮性
近視の目TOP