眼球

近視の手術、レーシックの内容や費用

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 
手術対象者

角膜に異常がなく視力が望みどおりのところまで上昇する見込みのある人になります。
近視の手術はレーザーなどによって角膜を削り、目の焦点距離を変える作業になるのですが、
角膜は一定以下の厚さになると混濁してしまうという性質があるため、極端に角膜の薄い人や
その他の障害がある人には手術を行うことができません。

費用

レーシックと言われる最新の手術は一昔前は50万円以上もしました。
それでも近視が治るなら、とお金を払っていた人もいたわけですが、現在は10万円ほどで行える所も
あります。クリニックによりますが。
あとよほどの理由がない限り健康保険は使えません。

近視手術、レーシックの手術内容

レーザーによって角膜を薄くするか、角膜切除による方法があります。
現在はレーザーが主流でしょう。
人間の目は角膜(黒目)と水晶体(目のなかにはいっているレンズ)と硝子体(目のなかの水)の3つによって屈折力が
決まり、近視や遠視になったりするのですが、そのうち角膜の形をかえて屈折力を調整しようという試みです。
手術の失敗例はほとんど報告されていませんが、最新技術なため何十年後かに角膜混濁などの異常が起きないという
保障はありません。

強度近視 手術
近視の回復、治療法はある? 子供の近視
老眼との関係 原因
メガネ
偽、仮性近視 近視の目TOP