眼球

近視と老眼、メガネとコンタクトによる矯正

目の病気や症状、眼の知識   TOPバー メニューバー
 
近視は老眼になりにくい?

遠視は老眼になりやすく、近視はなりにくいという話を聞いた事がある人も多いと思います。
しかし厳密にはこれは間違っていて、遠視でも近視でも老眼は平等になります。

そもそも老眼とは目の中にある調節機能を持つレンズが硬化して調節機能を失ってしまう、または
弱まってしまう現象で、近視や遠視とは関係がありません。
しかし近視は調節なしの状態でも近方にピントがあるため、遠くはあいかわらず見えませんが、
近くは調節関係なしに見えるのです。

一方遠視は遠くにも近くにもピントがあわない目ですが、調節をすることで近くも遠くも両方見える
ある意味正常眼と変わらない機能をもつのですが、調節力を失うと当然遠くも近くも見えないため
近視より症状がひどく感じるのです。

近視が老眼になってもメガネ、コンタクトは不要か

近視は老眼になっても遠くが見えないことに変わりはありません。
また近くをみるときもメガネが必要になる場合があります。

近視といってもその度合いによって眼前10cmにピントが合っている人もいれば眼前1mの人もいます。
眼前1mにピントのある人は近視に違いはないですが、30cmの位置で新聞を読むときはやはり老眼鏡が必要になります。

また、コンタクトによる矯正も可能ですが、メガネのように近くを見るとき気軽に取り外すことが
できないため、老眼になってからコンタクトを使うなら遠近両用の特殊なレンズを試してみるのもいいかもしれません。

強度近視 手術
近視の回復、治療法はある? 子供の近視
老眼との関係 原因
メガネ 偽、仮性近視
近視の目TOP