眼球

乱視の症状、原因、治療と矯正

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 
乱視の症状、原因

症状は、近視が映像をぼやけさせるのに対し、ものが二重、または何重にも見える事が症状です。
また近視と合わさっているとにじんだような見え方になります。

乱視にも近視などと同じように度数があり、強い度数ほど症状もひどくなります。
原因は角膜部に凹凸があるためと言われていて、ハードコンタクトレンズをしたり目を細めることでレンズや瞼に
凹凸が抑え込まれて症状が軽快する特徴があります。

斜乱視

乱視をメガネやコンタクトで矯正する場合、異常のある軸、に度数を合わせます。

軸を決定する際には、視力検査表で円形に引かれた線のどこが薄く、または濃く見えるかを聞き、
薄いと答えた軸、または濃いと答えた軸と直角に度数を入れ、線の濃さが均一になると
矯正が出来たことになります。

ただし、斜乱視と言われる特殊なタイプでは軸の特定ができず矯正が難しくなっています。
この目の場合はハードコンタクトレンズをいれることで目の凹凸がおさえられ症状が軽快
する場合があります。

逆にソフトコンタクトレンズでは乱視の度数が高い場合、ハードコンタクトレンズと比べて視力が
出にくい場合があります。

治療、矯正

度数が弱ければメガネ、強ければハードコンタクトレンズで矯正することが多いです。

あまりにも度数が強い場合メガネで矯正しようとすると、気分が悪くなりやい上、完全矯正しても
1.0以上視力が出ない事も多くなっています。

逆にハードコンタクトレンズなら度数が強くてもかなり視力が出る例も多くなっています。

通常のハードコンタクトで視力が出ない場合は乱視用の製品もあります。これは一部が重くなっており、
軸を合わせるようになっています。

また、左右差が大きい場合、メガネだと左右で見え方の差も大きくなるため違和感が強くなりますが、
コンタクトレンズなら度数が強いことによる左右の見え方の差はほとんどなくなりますのでメリットが
高くなります。

兎眼 斜視と目
立体視、 原理とは 斜視手術とは
夜盲症 白内障
アントシアニン 利き目