眼球

レーシックの副作用、角膜が薄い場合の問題

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 
角膜が薄くなる

目は角膜と水晶体(レンズ)と硝子体という液体がそれぞれ光を反射させてピントを合わせていますが
これらの屈折力が目の長さに対して強すぎたり弱すぎたりすると遠視や近視になります。

レーシックはこのうち、角膜をレーザーで変形させ屈折力を弱めたり強めたりするのですが、
当然元の目と比べてレーザーを当てた分、角膜が部分的に薄くなるという副作用があります。

ちなみに遠視矯正では角膜の中心部の薄くして凹レンズぎみにして屈折力を強め、近視矯正では角膜の外側を薄くして
凸レンズぎみにして屈折力を弱めるようにします。

そこでどんな副作用が考えられるかというと、角膜は厚さが一定以下になると混濁してしまい視力が極端に落ちてしまうのです。

これはレーシックをしたからといってすぐに混濁するわけではありませんが、角膜はコンタクトレンズと
こすれたり目をこすったりゴミで傷ついたりして歳をとるほどに薄くなっていく傾向があります。
この事からレーシックを受けた人は必ずではありませんが、受けていない人よりも将来混濁が起こりやすいといえます。

当然度数の強い手術を受けた人のほうが可能性は高くなります。

ただ医者は普通目の状態を見て手術後も十分な厚さが確保できると判断した場合にのみレーシックを行うので安心してください。
逆にいえば度数が強すぎたり薄すぎたりする人は対象外となることもあります。

ちなみに将来、角膜混濁が起こってしまうと失明してしまい、角膜移植をしないと視力は回復しなくなってしまいます。
また、近視の人がレーシックで近視をなくした場合、確かに遠くはメガネやコンタクトレンズをかけなくても見えるように
なるのですが、将来、老眼になった場合に近視であれば老眼鏡なしでも近くが見えるのですが、近視がなくなった分、近くが
見えにくくなるという副作用も考えられます。

合併症

レーシックには合併症として「ドライアイ」や「夜盲症」「白目充血」「見え方の異常」などが
発生する可能性もあります。

白内障 原因 ブルーベリー
乱視の治療方法 近視の目、情報 夜盲症
流行性角結膜炎 遠くを見る 兎眼
ドライアイ 霰粒腫と麦粒腫 利き目