眼球

霰粒腫と麦粒腫、症状と治療法の違い

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 

霰粒腫(さんりゅうしゅ)と麦粒腫(ばくりゅうしゅ)はともにメバチコと
言われる瞼が腫れる症状がありますが、その症状や治療方法には違いがあります。

まず麦粒腫は一般的なメバチコであり炎症を伴い赤く瞼が腫れあがりかゆみや痛みを
伴いますが、放っておいても数週間できれいになることがほとんどです。
原因が目をこすったり不衛生にしていることで菌が瞼に入り込んでしまうこと
ですので、病院では抗菌目薬など処方してもらえます。

それに対して霰粒腫は腫れや赤みは麦粒腫ほどではないものの時間がたっても
自然治癒が難しく、切開して中身を出すという治療が適応されやすく
なっています。

これは麦粒腫が細菌感染による炎症が主な原因であるのに対し、霰粒腫は
瞼の脂を排出するマイボーム腺という部位がつまることによってなるという
原因の違いがあるためです。

細菌感染であれば細菌をなくす目薬などで治療ができますが、霰粒腫では
瞼に脂の塊が残ってしまうため切開で中身を出さないとなかなか治らないのです。

またマイボーム腺から出る脂は目の表面の涙を乾きにくくする効果も
あるため詰まったままだとドライアイの原因にもなってしまいます。

切開はちょっと・・・という人には目薬や内服薬で様子をみたり、軟膏が
処方されることもあります。

ただそれでも完治するのは非常に時間がかかるのが常ですので、医師が
切開に消極的で早く治したい場合には別の眼科に行ってみることを
おすすめします。

私自身も霰粒腫になった経験があり、近くで切開をしてくれる病院も見つからなかった
ため、いろいろ調べて少しでも速く治そうとしました。
やったことは瞼につまった脂を温めて流れやすくするといい、と聞いたので、
毎日蒸しタオルをつくって瞼の上に乗せたり、眼科でステロイド軟膏を
処方してもらって寝る前に塗ったりしました。

それでも何ヶ月かかりましたが、今ではほぼなくなっています。
ちなみに麦粒腫は子供の頃よくなっていたのですが、霰粒腫は大人になってからの
一度だけしかありません。
人によってもなりやすい、なりにくい、があるようですね。

ただ、霰粒腫を治療するための目薬や軟膏は「ステロイド」系の薬でこれらは「眼圧」を
上げてしまう可能性があるため、個人で購入して使うことはせず必ず眼科医の指示に
したがって使用するようにしましょう。

近視の目とは 弱視について
はやり目(流行性角結膜炎)