眼球

外斜視とは、原因と症状

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 
概要と原因

目標を注視した時、目の右、左の一方が外側にずれてしまう症状の事を言います。
外斜視だからといって近くを見た時症状が強くなるとは限らず遠く見た時のみ、もしくは
近くを見た時のみ目が外を向くというタイプもあります。

原因は目を内に向けるための筋肉が麻痺していることや、筋肉が弱まっていることです。

外傷によってなる場合もありますが、年齢とともに筋肉が弱まってきて後天的になる人もいます。

また、どれくらい目がずれているかは人によるため、他の人が見ても普通に見えて分からない人も
いれば、あきらかにずれている、というような人もいます。

二重視の症状

ものが二つに見える現象です。本来人間は目が二つあっても両方の目は同じ目標を注視することにより
目に写る映像はすべて一つに見えます、しかし外斜視になると片方の目がもう一方の目と別のものを見ているため
右と左目で別々の像が写り二つに見えてしまいます、ただし先天性の外斜視では脳が不快な症状を排除しようとする
ため、利き目でないほうの目を見えないようにしてしまうため、通常二重視の症状は表れません。

そのせいで目の成長が遅れてしまう弱視の原因となるので、外斜視は早めの治療が必要なのですが、
幼児のころはまだ目の位置や動きが安定していないため、ある程度成長して検査が可能になってから治療、または
訓練を開始することになります。

見た目の影響

外斜視は他の斜視と違って見た目に大きく影響が出る事が多いです、具体的には右、もしくは左目が大きく外を向いて
どこを見ているかわからないように見えます。
外斜視は軽度の場合多くは別ページで説明している外斜位という目が外にずれない状態になるため、多くの外斜視は
大きく目が外を向いているのです。

偽斜視 内斜
手術について 間歇性
原因 訓練
調節性 斜視TOP