眼球

外斜位とは、検査方法と治療

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 
概要と検査方法

外斜位とは目を外に向ける筋肉、または内に向ける筋肉のアンバランスにより力を抜いた状態では
両目が外を向いてしまっている状態です。

ただ、外斜視と違い物を見るために注視をすると筋肉ががんばって目を内に向けるため
物が二重に見えたりすることはありません。

外斜位かどうかを判断する検査方法は、ある一点を見てもらい検査員が片目をまず遮蔽します。
その時、外斜位であれば隠したほうの目は物を注視するために力を入れていた筋肉が緩むため
外を向いてしまいます。
その後、遮蔽をはずすとまた外を向いていた目は物を注視するため内に動くはずです。
そのため遮蔽をはずしたときに目が内に動いたかどうかで外斜位かどうかを判断します。

自覚症状はなくても外斜位の人は多い

人は両目を内によせるということは比較的簡単にできるため、外斜位がある人の多くは自覚症状もなく
普通に過ごしているかと思います。

外斜位が自覚症状を覚えるのは疲れた時や眠いときなどふと斜視になりものが二つに見えたり、年齢が
あがって目を内に寄せる力が弱くなり、斜位が斜視になってしまった時です。

治療は必要ないのか

前述したようにほとんどの外斜位は自覚症状すらないため治療する必要はありません。

ただ長時間近くを見る場合はやはり疲れやすかったり、将来的に斜視になる可能性があるため
より目の練習などで目の筋肉を鍛えることはある程度効果があるようです。

斜視との違いは 内斜位
治療法、
トレーニング
原因
斜位TOPヘモドル