眼球

目、視力が悪くなる原因

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 
屈折異常

ようは遠視、近視、乱視の事です。
乱視は基本的に生まれつき目が凹凸なため起こります。
基本的に度数は変化しませんが、ハードコンタクトレンズ着用で軽快し、外傷などで悪化する場合があります。
ただ、軽快も悪化も一時的なものでしばらくすると元に戻るため、根本的に乱視の度数が
変わることは稀です。
また、メガネでもある程度は矯正することができます。

遠視は目の調節力で補うことができるので老眼や病気で水晶体という目のレンズをとっていない
限りは視力に影響することはまれです。

近視はもっとも視力低下を自覚しやすいですが、原因のほとんどは遺伝で小学校低学年ぐらいで
視力が1.0あったとしても近視要因をもっている子供は成長とともに目が悪くなっていきます。
これは目の長さが年齢とともに成長して長くなっていくからでテレビの見すぎやゲームの
やりすぎは関係がありません。

ただ、近くでものを見すぎることによって調節する筋肉が調節状態で固定されてしまうというのも
原因としては考えられます。

また幼児期に明るい光を当てすぎると目が長くなりやすいという報告もあります。
目が長くなれば焦点位置が近視よりになってしまいます。

弱視

目を使わないため正常な視力に必要な細胞が育たたずメガネやコンタクトで矯正しても視力が
1.0未満という状態のことです。

ただしこの視力に関する細胞は8歳までにほぼ決定されるので弱視になるのはそれ未満の歳の子供です。
逆に8歳を超えるまでに対策をしないと一生1.0以上の視力を得ることができません。

これらの原因は幼少にケガなどで眼帯をしていたり、屈折異常のためあまりものをしっかり見てこなかった
事です。
対策はしっかりとメガネで矯正し、テレビやゲームなど子供が熱中することをやらせます。
テレビは目が悪くなるという誤解をもっている人も多いようですが、そんな根拠はないですし、弱視に関して
いえば他の事をやらせるよりもはるかに目はよくなります。

病気

緑内障や糖尿病網膜症ではまず視野が狭くなっていき、最終的には中心部の視力も低下します。
症状が中心部まで達した場合治療をしても正常な視力を取り戻すのは容易ではないですが、
普段両目で見ている私達は視野の暗点ぐらいは補ってしまうため重症化するまで気づかない
事が多いのです。

そのためこれらの病気になりやすい30歳以降では1年に一度くらいは眼圧、視野検査をしておいた
ほうがいいでしょう。

また、40歳以降ならば白内障により視力が低下していることも考えられます。
視界にモヤがかかっているような感じで見えにくくなれば手術適用の場合もありますので、
眼科にて検査をしてもらうといいでしょう。

目の障害や病気知識TOP
乱視の治療方法 近視の目、情報
ブルーベリー 兎眼