眼球

子供の弱視の原因と知識

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 
弱視の原因は

子供は生まれたての時視力が0.02ほどしかなくそこからいろんなものを見て目を使うことで視力は
正常と言われる「1.0」まで見えるようになります。
しかしなんらかの理由で目の発達を妨げる原因があると視力は上がらなくなってしまいます。それが弱視です。
目の発達を妨げる原因は「斜視」「屈折異常」「ケガなどによる長期間の片眼、もしくは両眼の眼帯」「角膜の混濁」
なになります。

斜視

斜視は物体を注視した時、右目、もしくは左目のどちらかが物体に向かわずに外か内にずれている状態
になってしまいます。

その状態ですと、ずれていない目はものを見ているため正常に発達しますが、ずれている目はしっかりもの
を見ていない、もしくは脳が二重にものが見えるという不愉快な状態を回避するためまったく見えなくして
しまうため、その目は未発達のままになってしまいます。

対策は手術によって斜視を直すことですが、すぐに手術が出来ない場合はアイパッチを片目ずつ交互にして
両目を均等に使わせて目の発達を促します。

屈折異常(近視や遠視)

屈折異常によって弱視になるケースは主に二つで「両目が強度の遠視」の場合と「左右の屈折度数が大きく違う」
場合になります。

まず「両目が強度の遠視」ですが、遠視は本来どこにもピントが合わない目のことで老眼で遠視の人はわかると思いますが
近くも遠くも見えません、若い人が困らないのは調節力があるためです。
しかし乳幼児期も実は老眼と同じくらい調節力がないのです。そのため、乳幼児が強度の遠視だった場合両目がよく見えない
ことになります。そのため目の発達が遅れ弱視になってしまうのです。
対策は遠視用のメガネをかけさせることで視力が回復していきます。

もう一つの「左右の屈折度数が大きく違う」では当然右目、左目のどちらかが極端に視力が悪いため、視力のいいほうの
目を頼りにものをみていることになります。
そのためもう一方の目はあまり使われず、弱視になります。
対策は斜視の場合と同じくアイパッチを交互に行いメガネによって左右の屈折度数を合わせてあげます。
ただし左右の屈折度数にあまりにも違いがある場合は(一般的にメガネの左右度数差は3Dまで)メガネをかけさせると左右の
像の大きさに違いが出てしまい逆効果です。
そういうときはコンタクトレンズによる矯正をすることもあります。

角膜の混濁やケガなどによる長期間の片眼、もしくは両眼の眼帯

ケガや角膜混濁による目の遮蔽は弱視の原因としてははっきりしていますが、すぐに対策がうてない場合も多く
治療後の弱視訓練が大事になります。

弱視訓練は特殊に機械を使ったり今まで遮蔽されていなかったほうの目をアイパッチで隠して今度は弱視眼をよく
使うようにするなどが効果的です。

またなんとなくテレビを見させるよりもテレビゲームをさせると集中して画面をみるため視力がよくなります。
ここで注意なのはテレビやゲームをすることは視力低下や近視の進行とは関係がないことを知る事です。
それどころか弱視眼にいたっては視力が向上することになるのです。

子供の弱視は 原因
視力低下 治療、訓練
眼鏡 障害者の認定
弱視TOPヘモドル