眼球

子供の弱視と目について

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 
子供の弱視とは

本来弱視は子供ならではの障害です。
人間は生まれたての赤ん坊の頃は視力が「0.02」しかないと言われています。

この視力とは矯正視力の事です。そしてその赤ん坊が成長するにつれ体、脳が発達するのと
同時に目も発達し、正常と言われる「1.0」まで視力が上がっていきますが、なんらかの理由で
目の発達を妨げる要因が子供の頃に起きたことにより視力がいくら矯正をしても「1.0」に
達しない状態が弱視なのです。

そのまま適切な治療がなされなければ大人になっても弱視という事はありえます。

子供の場合は緊急?

前項で述べたように子供の頃になんらかの原因で目の発達を阻害する要因があり、適切な治療が
なされてないと大人になっても視力が上がらないということがありえるため、子供の弱視は早期発見
早期治療が大事だといわれています。

というのも弱視の治療可能期間は「8歳頃まで」と言われているのです。
これは8歳頃になると細胞の数がある程度決まってしまい、それ以降いくら訓練のしたとしても
視力が上がることはなくなるのです。

だから大人の弱視は治療不可能と言われています。
ごくまれに大人になっても弱視訓練に反応する方がいますが、そういう人は子供の頃にすくなからず
弱視訓練を受けていた人に限定されるようです。
逆にこの8歳までという期間に適切な弱視治療がされれば視力はすぐに上がり、大人になってから
視力が下がってしまう、ということはなくなります。
ただ、治療内容は子供だけで完全に実行できるものではないため、親がしっかり医師の話を聞き、
協力していくことが不可欠です。

 
子供の弱視は 原因
視力低下 治療、訓練
眼鏡 障害者の認定
弱視TOPヘモドル