眼球

弱視の視力低下と視力回復

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 
どのくらい視力が低下するのか

これは幼児期から8歳くらいまでどの程度目の遮蔽期間があったかによります。

人間は生まれたての頃は視力が0.02ほどと言われていますから弱視による最低値は0.02ほどになるでしょう。
しかし多くの場合視力の発達限界と言われている8歳まで完全に目が遮蔽されているということはめずらしく
0.1、0.2程度の人が多いようです。

屈折異常や斜視による弱視では生まれてからずっと弱視の原因が続くということもありますが、
その場合も片目ずつものを見たりしてまったく片目がつかわれないということはないため、多くは0.1以上の
視力は出るようです。

診断的には矯正しても1.0以上でない場合を弱視とします。

視力回復の可能性

一度弱視になって視力が下がってしまっても8歳未満なら訓練によって1.0まで視力を回復させられることがあります。
ただ弱視期間が長いほど、8歳に近づくほどに視力回復の可能性は下がっていきます。

弱視の子供がまだ2,3歳ならあせることはないですが、5,6歳だとすると早急に訓練を開始する必要があります。
病院で言われたとおりメガネをかけたり片眼のアイパッチをするのも大事ですが、意識して弱眼を使うようにしたり
片眼の遮蔽時間を長めにする必要が出てきます。

ただ4歳未満では逆にアイパッチをやりすぎると反対側の目が弱視になる可能性があるため焦る年齢でなければ
一日のアイパッチ時間はそんなに長くしないほうが懸命です。

また、子供はアイパッチを嫌がりますし、ことの緊急性がわかっていませんから、親が積極的に協力をする
必要性があります。
実際普段使っているほうの目を隠すわけですから見えにくくなり自分ではずしてしまうことが多いのです。

普段は一時間だけと決めているテレビゲームをアイパッチをしている間はそれ以上やってもいい、など
メリットも与えてあげるとさせやすいですし、ゲームやテレビ、漫画などは本人が集中して見ようとするので
視力回復により効果的です。

子供 原因
障害者の認定 治療、訓練
眼鏡 弱視TOPヘモドル