眼球

弱視力の障害者認定について

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ  サイトマップ  リンク集  TOPバー

このサイトでは目についての知識、主に病気について記載しています。
自分が当てはまるという方、ご興味がおありの方はどうぞご自由にご覧になってください。

メニューバー
 
障害者認定の判断基準

視覚障害によって障害者認定される場合の判断基準は弱視やその他外傷が原因であるかにかかわらず、
「視力が一定値以下である、もしくは視野(目の見える範囲)欠損の程度によって決められます。

それと障害者認定は日常生活に支障をきたすかどうかが重要なので、片目が全く見えなくてももう一方の目が
正常なら認定はうけられません。

また視力はすべてレンズを入れた矯正視力を基準として、何もつけない状態の視力がいくら低くても障害者認定はされません。

等級と内容

下記に視力低下や視野異常による等級と内容を一覧で記載しています。

等級 視力障害 視野異常
1 両眼の視力の和が0.01以下のもの
2 両眼の視力の和が0.02以上0.04以下のもの 両眼の視野がそれぞれ10度以内でかつ両眼による視野について視能率による損失率95%以上のもの
3 両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの 両眼の視野がそれぞれ10度以内でかつ両眼による視野について視能率による損失率が90%以上のもの
4 両眼の視力の和が0.09以上0.12以下のもの 両眼の視野がそれぞれ10度以内のもの
5 両眼の視力の和が0.13以上0.2以下のもの 両眼による視野の2分の1以上が欠けているもの
6 一眼の視力が0.02以下、他眼の視力が0.6以下のもので両眼の視力の和が0.2を越えるもの

 

子供の弱視は 原因
視力低下 治療、訓練
眼鏡 障害者の認定
弱視TOPヘモドル
近視用メガネ 斜位の知識
利き目とは