眼球

白内障とは、検査方法や治療法、年齢

目の病気や症状、眼についての知識TOPページ   TOPバー メニューバー
 
白内障とは

眼球の中には水晶体という屈折機能を持ったレンズが入っていますが、そのレンズは歳とともに
徐々に硬くなり、白く濁っていきます。
当然透明だからきれいに見えているものが、白くなっていくと視力が下がってしまいます。
これが白内障です。

症状が進むと外から見ても目が白くなっているのがわかります。
通常はそこまで進行する前に手術で濁ったレンズを人工レンズに取り替えます。

年齢は何歳から白内障になるか

個人差はそれなりにありますが、40歳ごろからなることが多いようです。
とはいえ白い濁りは徐々に進行するため、40歳付近で急激に視力が落ちる人はあまりいません。

どれくらいの年齢で手術適応になるかは、その人の進行度合によりますし、手術するかどうかは
本人の意思によるものなので、かなり差があります。

それに、白内障は進行するほど見えにくくなりますが、手術は早いほうがいいとか遅いほうがいいとか
がないため、極端な話いつやってもいいのです。

ただ、手術後の満足度でいうと、進行してから人工レンズに替えたほうが視力の改善率が高いため、
手術によってすごく見えやすくなった!と感じる人が多くなっています。

検査方法、治療法

白内障専門の検査方法というのはなく視力が下がってきたらその原因を探ってみるとレンズが白く濁っている、
という具合でわかります。
大抵、白内障と診断される方というのは「最近少し見えにくくなったので検査してほしい」と言って眼科へ行き、
視力と目を見てみると白内障が原因だった、という具合です。

ただ、白内障が進行していると検査によって目の奥が見えにくいため、他の原因でも視力低下を起こしている
場合もあり、人工レンズに入れ替える手術だけでは視力がそこまで上がらないという例もあります。

どちらにしろ最初の治療方法は手術になるのですが、視力が少し下がったからといってすぐに手術をすることはありません。
なぜなら手術をしてしまうとデメリットもあるからです。
それについては次のページで解説します。 → 手術について

近視な目と情報 兎眼
はやり目について 偽、仮性
コンタクトレンズとメガネ ブルーベリー効果